h1テキストが入ります。

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

総記法とは

簿記論の問題を解いていて手が止まった総記法。ボックスを書いても、貸借が一致せず、ん?となり、そもそも問題文で提示されている商品勘定が貸方にある…なぜ?

 

簿記2級までの会計処理には出てこなかった為、初の会計処理法で苦戦。。。しかし、考え方を理解したら意外と簡単だったため、今回は「総記法」についてまとめていく。

会計処理の種類

まず会計処理には下記のようなものがある。

・三分法

・分記法

・売上原価対立法

総記法 (簿記1級範囲になる)

 

実務でよく使われているのが「三分法」。

分記法、売上原価対立法は、売上の都度、商品販売益や売上原価を仕訳するため決算整理は不要だが、実務的ではない

 

もし、仮に私が事業主で、複数の店舗を経営しているとしたら、随時利益を出したり、売上原価を仕訳する方法は選ばないと思う。

 

ただ三分法だと、決算整理をするまで、在庫がどれだけあるかなどがわからないというデメリット要素もある・・・

総記法の会計処理

総記法の理解で私が苦しんだ理由は今まで学んできた上記の会計処理方法の考え方と違っていたから。

総記法では、仕入時も売上時も、すべて商品勘定のみを使う。

例1)前期繰越商品200円分・当期仕入1,000円(掛けで)【 800円の売上(原価600円)   の場合】

仕入時の仕訳:(商品) 1,000  (買掛金) 1,000

売上時の仕訳:(売掛金)800  (商品) 800

原価は600円だが仕訳は800円になる。

当然、この時点では期末の在庫は600円分のはずだが、決算整理前残高試算表の商品勘定はこうなる。

実際の残高が違うことがわかる。

このままでは正しくないため、決算整理をする。

 

結果からいうと

決算整理仕訳:(商品) 200  (商品販売益) 200

だが、これだとどういう考え方なのか分からないためボックスを使って考える。

見てわかるように総記法のボックスは貸借があっていない。

 

なぜ合わないのか。

原価と売価が混ざっているからである。(=混合勘定

下記の図のピンク色のところは、原価の値段。

緑色のところは、売価の値段で収益も含まれている。

 

なので、差額の部分を借方に追加する。(下記右側)この追加部分が商品販売益で、借方にも収益要素が追加され、貸借が一致する。

そして、出てきた商品販売益を相手科目「商品」で仕訳する。

決算整理仕訳:(商品) 200  (商品販売益) 200

このボックスを使って考えることで私は総記法の決算整理を理解することができた。

~まとめ~

・総記法は、仕入・売上時ともに商品勘定のみで仕訳を行うため、分記法や売上原価対立法と異なり、決算整理仕訳を行う必要がある。

・決算整理時のポイントは混合勘定であることを意識すること

 

実務でよく使用されている三分法のデメリットである期中に在庫を把握できない部分をカバーしているわけでも、分記法や売上原価対立法のように決算整理が不要なわけでもない。総記法のメリットとしては、商品勘定のみなので簿記の知識がなくても簡単に取り入れることではないだろうか。

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.