受取手形①(裏書手形について)

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

受取手形①(裏書手形について)

前回記事(手形割引)の冒頭であげた手形のメリットである裏書譲渡について例題を用いてまとめる。

約束手形には、期日前に裏書譲渡をすることで、現金と同様に支払い手段として活用できる。

 

【例題1】

200,000円で商品を仕入れ、以前受け取っていた手形(200,000)を裏書譲渡した。保証債務の時価は1%と評価。保証債務費用として処理 

(仕入)   200,000   (受取手形)   200,000

(保証債務費用)   200   (保証債務)   200

 

【例題2】

350,000円で商品を売上、他社振出の手形を裏書譲渡された。

 (受取手形)   350,000   (売上)   350,000

 

【例題3】

100,000円で商品売上、当社振出の手形を裏書譲渡された。

 (支払手形)   100,000   (売上)   100,000

 

例題1について

受取手形で支払うという意味になるため、資産の減少として処理。手形割引と同様に、手形が移動し、相手先と裏書譲渡された手形の振出先第3者との関係になるが、振出先が支払えなかった場合は、裏書譲渡した当社が、買戻しする必要があるため、「保証債務」を計上する必要がある。

 

例題2について

他社振出の手形であるが「受取手形」の為、資産の増加として処理。

 

例題3について

「当社振出」の為、以前振出ていたものが返ってきたという意味。負債の減少として処理。

【まとめ】

保証債務のリスクを背負うのは、あくまでも当社が裏書譲渡した場合のみ(例題1)。当たり前だが、裏書譲渡されたり(例題2)、当社振出の約束手形の裏書譲渡(例題3)であれば、買戻しのリスクがないため、「保証債務」は計上しなくてよい。

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.