保険金の会計処理

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

保険金の会計処理

災害発生時における会計処理は、基本的に、売却・除却の時と同じ考え方である。

売却・除却の場合には、貸借差額で「固定資産売却(除却)損益」で計上していたが、今回は「保険未決算」や「災害損失」を使用して処理を行う。

ex)会計期間:4/1-3/31

〜災害発生時〜

当期2/21に建物が火災によって全焼した。

当該建物には、2,000千円の保険金が付されている。

当該建物

取得原価:7,800千円

期首減価償却累計額:5,148千円

定額法・間接法で償却

耐用年数:50

残存価額:0

 

〜期中処理〜

(減価償却累計額)5,148      (建物)7,800

       (減価償却費143

      (保険未決算)2,000

        (火災損失)   509

 

【保険金の確定】

当期3/31に、保険会社から保険金1,800千円を支払うとの連絡があった。

   (未収金)1,800   (保険未決算)2,000

(火災損失 200

【まとめ】

災害発生時に、滅失直前簿価2,509千円を「保険未決算」で計上してしまうと、付与されている保険金2,000千円を上回ってしまい、「未実現利益」を計上してしまうことになる。

その為、滅失直前簿価と保険金額の関係性への注意が必要である。

 

また、保険金の確定時には、災害発生時に計上した「保険未決算」を取り消す処理を行うが、確定金額が「保険未決算」の金額を上回った場合には、差額を「保険差益」として計上する。

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.