新株と自己株式の同時交付

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

新株と自己株式の同時交付

①発行株式数で払込金額を按分する。

②新株発行分と自己株式交付分を別々に考える。

③合算する。

【例題】

〜前提条件〜

 募集株式数:300株

 自己株式処分数:50株

  (帳簿価額:60,000円)

 払込金額:300,000円

  (現金で払い込み)

 資本金の繰入額は会社法規定の最低限度額とする

 

①按分する

新株分

300,000×250÷300=250,000

自己株式の処分分

300,000×50÷300=50,000

 

②-1 新株

(現金)250,000   /(資本金)125,000

                      /(資本準備金)125,000

②-2 自己株式の処分

(現金)50,000          /(自己株式)60,000

(その他資本剰余金)10,000/

 

③合算する

よって、合算した仕訳は下記のようになる

(現金)300,000 /(資本金)120,000

                    /(資本準備金)120,000

                   /(自己株式)60,000

【まとめ】

自己株式の処分に際し、損失が生じる場合には借方に「その他資本剰余金」を計上してしまうと、全体として株式を発行しているのにも関わらず、資本金がマイナスになってしまうのはおかしい。その為、新株発行の仕訳の貸方から相殺する。

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.