貸倒引当金の算定方法②

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

貸倒引当金の算定方法②

貸倒見積高の算定で、一番に苦手とするキャッシュ・フロー見積法について、まとめていく

(参考:貸倒引当金の算定方法①)

 

そもそもキャッシュ・フロー見積法は、経営破綻までは陥っていないが、その可能性が高い債権(=貸倒懸念債権)に適用する

【考え方(流れ)】

①    将来得られるであろう収益・元本(=将来CF)を現在価値に割り引く

②    現在の債権金額と①で算出した金額との差額を貸倒引当金として設定する

 

【具体例】

<前提条件>

 ・会計期間:X2年4月1日~X3年3月31日

 ・貸付金:500,000円

 ・期間:5年

 ・返済期日:X5年3月31日

 ・約定利子率:年5%

上記、貸付金は貸倒懸念債権に該当するため、約定利子率を翌期より年2%に引き下げる

端数は、四捨五入する

<図解>

(貸倒引当金繰入)27,891 (貸倒引当金)27,891




【まとめ】

将来CFは、約定利子率を引き下げているため、引き下げ後の利子率で計算する。

しかし、現在価値に割り引く時には、「当初の約定利子率」を使用するところがポイントである。

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.