特殊販売・基礎まとめ②

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

特殊販売・基礎まとめ②

続き(①割賦販売)

②試用販売

 

試用販売は、試用時点ではまだ、販売が確実になっていないため、売上計上はできない。(=実現主義)

買取意思表示があった時点で、売上を認識する。=決算整理時に手許商品に加えて認識する必要がある。

 

【例題1】

 

期末手許商品:180,000円

試用販売は、当期から開始している

試用販売の原価率は、78%である

 

・未処理項目

 ・試送中の商品について、300,000円の買取意思表示・70,000円の返品が当期中にされていた

 

<考え方>

前T/Bに「試用品」勘定がないこと、「試用仮売上」があることから、「対照勘定法」で処理を行う

 

①未処理項目の処理

(売掛金) 300,000   (試用品売上) 300,000

(試用仮売上) 300,000 (試用未収金) 300,000

(試用仮売上) 70,000  (試用未収金) 70,000

 

②決算整理

1,370,000-300,000-70,000=1,000,000

  1,000,000×0.78=780,000

  手許商品180,000+780,000=960,000

 
(仕入) 740,000   (繰越商品) 740,000

(繰越商品) 960,000 (仕入) 960,000

 

 

【例題2】

 

期末手許商品:180,000円

試用販売は、当期から開始している

試用販売の原価率は、78%である

試用品の期末棚卸高:834,600円

 

・未処理項目

 ・試用品について、300,000円(売価)の買取意思表示が当期中にあった

・54,600円(原価)の返品が当期中にされていた

 

<考え方>

前T/Bに「試用品」勘定があることから「手許商品区分法」で処理を行う

 

①未処理項目の処理

(売掛金) 300,000  (試用品売上) 300,000

(仕入) 54,600  (試用品) 54,600

 

※1 834,600-54,600=780,000

 

②決算整理

(仕入) 2,503,800  (試用品) 2,503,800

(試用品) 780,000  (仕入)  780,000

(仕入)  740,000  (繰越商品) 740,000

(繰越商品) 180,000 (仕入)  180,000

 

 

【まとめ】

例題1・例題2を商品BOXでまとめると以下のようになる

 

 

この問題については、総合問題で出題される場合、必ず未処理項目があるため、試用販売に関する勘定だけでなく、売掛金も変わってしまう可能性がある。その場合、貸倒引当金等も関わってくるため、大きく失点してしまう。

 

また、個別問題であれば、この考えを基本として、分記法や総記法も絡んだ問題が出てくるだろう。

素早く・正確に解けるようにする必要がある。

 

続く

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.