特殊販売・基礎まとめ③

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

特殊販売・基礎まとめ③

続き(①割賦販売②試用販売)

 

③未着品販売

未着品販売の考え方は、割賦販売や試用販売と違い「対照勘定法」のみである。

 

未着品は、商品の代わりに引換証を先に受け取るため、仕入として認識するのは、引換証と商品を交換した時である。

 

また、引換証自体を売却することも可能である。

【例題】



期末貨物代表証券 200,000円

手許商品 760,000円

※なお、未処理項目は含まない

 

未着品販売の原価率 64%

 

未処理項目

・掛で商品24,000円を仕入れ、貨物代表証券24枚を入手した。

・貨物代表証券10枚(原価@1,000)について

 現品を引き取り、手数料330円を現金で支払った。(三分法)

・8枚(原価@1,000)を掛により販売した

 

<考え方>

未処理項目の仕訳

(未着品) 24,000 (買掛金) 24,000

(仕入)  10,330 (未着品) 10,000

         (現金)   330

(売掛金) 12,500 (未着品売上) 12,500

 

決算整理

手許商品

760,000+10,330=770,330

 

(仕入) 322,000 (繰越商品) 322,000

(繰越商品) 770,330 (仕入) 770,330

 

未着品勘定

前T/B 3,000,000+24,000-10,000=3,014,000

期末貨物代表証券

200,000+24,000-10,000-8,000=206,000

 

(仕入) 3,014,000 (未着品) 3,014,000

(未着品) 206,000 (仕入) 206,000



【まとめ】

未着品販売は、割賦販売や試用販売ほど複雑ではない。

そのため、もし、問題がでるとしたら前T/Bの金額推定等が絡んでくるのではないだろうか。

その場合には、仕分けだけでなく、商品BOXを使いすぐに整理できるようにしておく必要がある。


続く

 

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.