特殊販売・基礎まとめ④

03-3226-3091

受付時間 09:30〜17:30(定休日:土日祝)

夢乃の会計ノートAccounting note

特殊販売・基礎まとめ④

続き(①割賦販売②試用販売③未着品販売)

 

④委託販売

委託販売は、試用販売と同様、考え方は手許商品区分法のみ。

異なるのは、売上を「いつ」認識するのか、「いくら」で計上するのかである。

 

「いつ」

原則:受託者販売日基準

例外:仕切精算書到達日基準(販売のつど送付されている場合に限る)

 

「いくら」

1.受託販売価額基準

2.正味手取金額基準

【例題】

 

期首積送品棚卸高:240,000円

期末積送品棚卸高:206,000円(適正額)

期末手許商品棚卸高:770,330円(適正額)

 

未処理項目

正味手取金額基準を採用している。

 

<未処理項目>

(委託販売) 87,500 (積送品売上) 87,500

 

<決算整理>

(仕入) 322,000 (繰越商品) 322,000

(繰越商品) 770,330 (仕入) 770,330

(仕入) 3,014,000 (積送品) 3,014,000

(積送品) 206,000 (仕入) 206,000


【ちなみに】

・受託者販売価額基準を採用していた場合

(委託販売) 87,500 (積送品売上) 90,000

(積送諸掛費) 2,500

 

・前T/Bに「繰延積送諸掛費」があった場合

時期繰延額が与えられるはずのため、これについても決算整理を行う必要がある。

 

【まとめ】

  委託販売は、他の特殊販売と比べ、複雑なものはないため 

「認識基準」「測定基準」の用語を知っていれば解けるであろう。

 

しかし、「委託販売」勘定は、売掛金と似た性格を持つため、貸倒引当金の計上にも大きく関わってくる。

そのため、「委託販売」の計上金額を間違えてしまうと大きな失点になってしまうのは、言うまでもない。

考え方は、複雑ではないが、慎重に解く必要がある。

 
続く

Copyright (C) 2019 TONOSAKI ACCOUNTING FIRM All Rights Reserved.